[カフェ紹介] Fitzroyのパンが有名なカフェ”Babka”を紹介にします!

(”Babka”)

みなさん、こんにちは。 @matsutripです。

今回はFitzroyにあるBabkaというカフェを紹介します。

Fitzroyはカフェやバー、服屋などがひしめくおしゃれな地域なのですが、Babka周辺も例外なくBarやCafeがたくさんあります。

Fitzroyはメルボルンの中心となる駅『Southern Cross駅』近くのトラムの11番トラムに乗っていくことができます。

11番トラムではなく、86番、96番でもFitzroyに行けるのですが、通る道が異なります。今回訪れたBabkaは11番トラムを利用した方が近いです。

Southern Cross Station Melbourne Tram Collins

実際壁にかけられているメニューにいくつかロシアの〇〇と書かれているのがあったので、Babkaという言葉はロシア語なのかな?と思いましたが、どうらやポーランド語のようです。

『おばあさん』、『いい女』という意味があるようです。

メルボルンのカフェの閉店時間はだいたい4時頃なのですが、このカフェは6、7時頃までオープンしています。

他のカフェがすでに閉店している時間帯にカフェに行きたい方にも優しいカフェですね♪

特にこのBabkaがある通り『Brunswick St』にはたくさんのカフェがあります。以前はおしゃれな書店と併設されている『Louis』というカフェも紹介しました。

みなさん、こんにちは。 @matsutripです。 今回は、メルボルンで生粋のおしゃれ街、FitzroyにあるカフェL...

メルボルンのカフェでの通な注文方法、メニューの解説などはこちらの記事で紹介しています。

どーも、こんにちは。@matsutripです。 メルボルンでワーホリに来てから、カフェの多さに驚き、カフェ文化にすっかり取り憑...

”Babka” 店舗情報

ホームページ

Babka自身のホームページはなかったので、Broadsheetを参考にしてください。

場所

Babka Fitzroy

営業時間

月曜日 closed
火曜日〜日曜日 7:00-19:00

カフェにしては少し遅めの6、7時まで営業しています。キッチンクローズは6時と書かれていますね。

店内の雰囲気

私が訪れたのは、週末の金曜日、時間帯は午後の4時前頃でした。

店内に入ると、マトリョーシカやフルーツジャムが入った棚があります。この時点でパンの匂いに身を包まれます。

カフェというよりはベーカリーですね。雰囲気としては。

入店した時は老夫婦の1グループのみでした。

座席は、窓側の席3席×2の6席。

他は2人席が10席ほどなので全体で30席ほどでしょうか。

窓側に席があるので、パソコン作業をする人にとっては嬉しいのではないしょうか?

私が滞在している間に数グループ入っていてパンや、ケーキなどをテイクアウェイしていく人もちらほらみられました。

4時半頃から少しずつ賑やかにきたように思います。やっぱり金曜日のこの時間だからでしょうかね。

内装はとてもシンプルです。壁も白でまとめられていて、インテリアは基本的に木材でできています。

メルボルンのカフェだと、水を入れる容器が大きいボトルが多いのですが、ここはなんとミルクジャグ!(ミルクをスチーマーで温めるときに使う道具)

バリスタ関連の知識がある人は少し興奮するのではないしょうか?笑

メルボルンのカフェって、このように小物というか、様々なところにおしゃれさが散りばめられていて素敵ですよね♪

メニュー

そこまで大きなカフェではありません。メルボルンの朝食でオススメのお店として紹介されていましたので、朝食メニューが豊富です。

それとカフェとベーカリーが併設されているのでパンのメニューが中心です。

Breakfastのメニューを置いているカフェは少なくありませんが、だいたい11頃に終わってしまうカフェが多い中、このカフェはなんと午後の6時まで…

もはや朝食の定義とは!笑

ドリンクメニューを見るとコーヒーだけでなく紅茶も結構取り扱いがありますね。

今回注文したコーヒーはフラットホワイト。もはや定番ですね。

ラテアートは…ほんのり感じられるくらい…?

以前結構メルボルンから離れた場所(100kmくらい?)のカフェではラテアートの「ラ」の字も感じられないほどでしたが、久しぶりに全くラテアートがないカフェに遭遇しました。

まぁ、僕はそこまで気にしないのですが、写真を撮りに来るようなお店ではないということでしょうか。

味はよく言えばすっきり、悪く言えば特徴がないのっぺりした感じ?といった感じでしょうか。美味しいには美味しいという感じです。

少し小腹が空いていたので鶏肉とアボカドのサンドイッチも注文しました。

味はまぁ想像できる味です。はい。

スタッフさん

ただ、このカフェで感じられたのは、『スタッフさんとお客さんのコミュニケーション』でした。

常連さんなのかはわかりませんが、割とどのお客さんにも丁寧に接客していて温かみを感じました。

“Babka” まとめ

まぁ、少しコーヒーとサンドイッチに対してのコメントが少し辛口(?)といいますか、褒めることができるレベルではありませんでした。

そもそもこのお店はそこまでコーヒーに力を入れていないのだと思います。これは決して悪い意味ではなく、ベーカリーに主体を置いているのだと感じました。

実際にみなさん注文しているのは、パンが中心でした。口コミを見てみても出来たてのパンだったりクロワッサン、ミートパイが美味しいと書かれていますし。

確かに、コンテナーに並べれたパンや、ショーケースの中のケーキがとても美味しそう…

このカフェの場合、朝の時間帯にパンやコーヒー(紅茶)をささっと食べたり、Take Away…というスタイルが中心だと感じられました。

・朝食でパンをTake Away
・午後の時間帯はケーキやクロワッサンでティータイム

という感じで使い分けることができそうです。

私はメルボルンの語学学校でバリスタコースを受講していました。もし興味のある方はこちらの記事をご覧ください。

こんにちは。@matsutripです。 現在、オーストラリアのメルボルンでワーホリをしています。 メルボルンで生活してい...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする