[ワーホリ] メルボルンの”カフェ文化” メニューや注文方法を細かく紹介!

どーも、こんにちは。@matsutripです。

メルボルンでワーホリに来てから、カフェの多さに驚き、カフェ文化にすっかり取り憑かれてしまい、バリスタコースを受講しています。

日本を含めた世界中で人気のスターバックスでさえも、撤退に追い込むほどのメルボルンのカフェ文化。バリスタの先生からはスタバはめちゃくちゃ酷評です笑

私もメルボルンに来たばっかりの時はコーヒーの種類の多さにあたふたし、何を注文をしていいかわからない…そもそも違いって何?ってレベルでしたが、今はバリスタコースに通っていることもあり、徐々にコーヒーについての知識も増えてきました。

メルボルンに訪れた日本人は、コーヒーの種類の多さ、英語にまだ慣れていないという理由から何を注文すれば良いのだろう?と疑問に思う方もたくさんいると思います。

この記事では、以下のことについて紹介していきます。

☑︎メルボルンでのカフェ文化

☑︎メルボルンで注文できるコーヒーの種類

☑︎ オリジナルの注文仕方

メルボルンに来られたばかりの方、少しバリスタに興味が出てきた方、もう少しだけメニューについて詳しく知りたいという方などは是非ご覧ください!

メルボルンの”カフェ文化”

メルボルンに来てからまず感じることはカフェの多さ。朝早くから路地でコーヒーが売られています。夜はバーのお店も、朝はお店の前でバリスタがコーヒーを販売しています。

また、バー以外でもパン屋や本屋でもコーヒーを当たり前のように楽しめます。日本ではあまりカフェに行かなかった人でも、メルボルンに来てからカフェ巡りにハマる人は多いです。

なぜメルボルンでカフェが増えたのか

では、なぜメルボルンでカフェが増えたのか?という疑問が湧いてきますよね。

メルボルンでカフェが増えた大きな要素は、イタリアやギリシャからの移民がコーヒーの文化を持ち込んできたことによります。

特に1950年代以降に、移民の数が増え始めました。メルボルンでもイタリア人、ギリシャ人の街がとても多いですし、友達の親がギリシャ人であることがとても多いです。

彼らがメルボルンにコーヒーを飲む文化を持ち込み、普及させました。今やオーストラリア全体でコーヒーが広まっていますが、メルボルンから徐々に北へコーヒー文化が移動していきました。

メルボルンはオーストラリアの中で一番最初にコーヒー文化が根付いたということもあり、現在でもカフェが多いです。

日本とは異なる”カフェ文化”

しかし、一口にコーヒーとは言っても、世界中でコーヒーの飲み方は異なります。

日本のカフェで一般的に提供されるコーヒーはドリップコーヒーです。

しかし、メルボルンのコーヒーはエスプレッソです。エスプレッソという言葉は聞いたことがある人がほとんどだと思います。

でも、今いちドリップコーヒーとエスプレッソの違いがわからないという方に簡単に説明すると、エスプレッソはドリップコーヒーに比べて、かなり濃いコーヒーです

そのため、メルボルンの人たちは、ミルクを加えて飲んだり、お湯で割って飲むことがほとんどです。細かいコーヒーの種類は、これからのトピックで説明します。

ドリップコーヒーにミルクを加えて、カフェラテを作ると薄く、味気なく感じます。一方でエスプレッソで作られるラテは、コーヒーの香りを失うことなく、スチームで作られたふんわりとしたミルクを加えて作られるので、とても味わい深いラテに仕上がります。

エスプレッソとは?

上で簡単に、エスプレッソについて説明しました。カフェのメニューのほとんどはエスプレッソの量で名前が変わってきます。

イメージしやすいように説明すると、コーヒーの原液のようなものです。もちろんエスプレッソ自体を飲むこともできますが、とても苦く、濃いです。

ウイスキーだって原液をソーダで薄めてハイボールにしたり、ウイスキーの量を調整することで味を変えることができますよね。

自分で好みの濃さを指定したい場合、このエスプレッソの量、抽出方法が変わってくるので、エスプレッソを理解することで自分のコーヒーをオーダーの幅が広がります。

基本的なエスプレッソの量

基本的にほとんどのメニューのコーヒーのエスプレッソの量は、目安で30mlです。

それをミルクで薄めたり、お湯で薄めることでいろんな種類のコーヒーが作られるわけです。

エスプレッソのみを飲んでいる人はあまり見たことはありませんが、何も加えられていないコーヒーの本来の味を楽しむことができるので、一度試してみると面白いかもしれません。

エスプレッソの単位

基本となるエスプレッソの量は30mlと紹介しました。

この30mlを1ショット、と数えます。2ショットなら60mlですね。基本的には単位としては2ショットまでしか使いません。

3ショット使われるとしたら、ストロングロングブラックくらいです。

メルボルンで注文できるカフェの種類

もちろんカフェによって提供されるコーヒーは異なりますが、これから紹介するコーヒーの種類をマスターすれば、どのコーヒーがどんな特徴があるのかがわかり、よりメルボルンでのカフェライフを楽しむことができるでしょう。

お店によっては、以下のメニュー以外にもたくさんのメニューがあります。たまに、メニューに載っていなくても注文可能な場合があるので、気になった方はスタッフに飲めるかどうか聞いてみるいいかもしれません。

*メニューと同様に、お店によってレシピも異なります。

一般的なコーヒー

メルボルンのどこのカフェでも注文できるコーヒーを紹介していきます。現地の方もこのメニューの中から注文される方がほとんどです。

カプチーノ (Cappuccino)

カプチーノはミルクのフォームがたっぷりのコーヒーです。またチョコレートパウダーが振りかけられているのが特徴です。

カフェラテ (Latte)

日本人にも馴染みのある「ラテ」ですね。カフェラテと言わなくても、「ラテ」だけで通じます。

チョコレートパウダーがかかっていない、カプチーノっていう感じです。ただ、ガラスのグラスで提供されるので、見た目は違います。

フラット・ホワイト(Flat White)

フラット・ホワイトは私もメルボルンに来てから初めて目にしました。オーストラリアのカフェでは大人気のコーヒーです。

名前の「フラット」とからわかるように、カフェラテに比べてミルクのフォームが少なめです。

まぁミルクの泡が少ないだけで、ほとんどカフェラテと一緒なんですけどね笑

ロングブラック (Long Black)

日本人の方は、カフェに行ったらとりあえず、「ブラックで」と注文される方いますよね。

しかし、メルボルンでそのような注文では、通じません。それは、ブラックにも種類があるからです。

そのブラックの中でも、カフェインの量が多めなのがこの「ロングブラック」です。というのも、上でエスプレッソの量は基本的に30mlと説明しましたが、ロングブラックは60mlのエスプレッソが使われています。

ショート・ブラック (Short Black)

もう1つのブラックの種類である「ショート・ブラック」。ショートブラックはロングブラックに比べてカフェインの量は半分で、基本のエスプレッソの30mlです。

モカ (Mocha)

モカは、チョコレートミルクを加えられたコーヒーです。チョコレートのおかげで苦いのが嫌いな人でも美味しく飲むことができます。

同じ作り方で、エスプレッソを使わなければ、ホットチョコレートになります笑

コーヒーはいらないけど、カフェを楽しみたいという方はホットチョコレートを注文しましょう!(日本のココアみたいなものです)

少し変わったコーヒー

一般的なコーヒーを説明しましたが、この項目では少し変わったコーヒーを紹介します。

とは言っても、ほんの少し作り方の工程が他のコーヒーと異なるだけなので、難しくはないです。

私自身も上のコーヒーを注文することがほとんどですが、少し「コーヒーについて知ってるよ」と思われたい方は試してみましょう笑

ピッコロ・ラテ (Piccolo Latte)

普通のサイズのラテに比べて少し小さいのが特徴です。ただ、ミルクの量が少なくなるだけで、エスプレッソの量は変わらないので、ピッコロラテは普通のカフェラテに比べて、苦いです。

ロング・マキアート(Long Macchiato)

少しのお湯とミルク、2ショットのエスプレッソに、ほんの少しミルクのフォームを乗せたものです。

ショート・マキアート(Short Macchiato)

ロング・マキアートと同様です。エスプレッソが1ショットで、ロングブラックの半分。

レストレト (Restretto)

エスプレッソをより濃厚にしたものです。

基本的にエスプレッソは30mlで抽出を終えますが、レストレトは15mlで抽出を終えるため、よりコーヒーの味を楽しみたい場合にこの注文方法が用いられます。

しかし、エスプレッソでさえ味が強いので、レストレトを注文する方はほとんどいません。

ウィーン・コーヒー (Vienna Coffee)

ロングブラックにホイップクリームが載っているコーヒーです。

お店によって結構見た目が異なります。メルボルンのウィーンコーヒーは結構クリームが少なめのところが多いように思います。

また、ウィーンコーヒーを注文できないお店も珍しくありません。

アフォガト (Affogato)

バニラアイスクリームに、エスプレッソをかけたコーヒーです。エスプレッソが熱い状態でかけられ、溶けたアイスがミルクの代わりになります。

オリジナルの注文方法

メルボルンのカフェ文化、注文できるコーヒーの種類について説明してきました。これまでの説明で、新しいメニューも覚えた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もう少し、注文のときに踏み込んでみると、より自分の好みのコーヒーをオーダーできます。

エスプレッソの量の違い

人によっては、気分によって苦いコーヒーが飲みたい、ミルクの風味を味わいたいときってありますよね。

そんな時は、エスプレッソの量、抽出方法を変えてみましょう。

Weak

注文時に、コーヒーの名前の前に「Weak」と付け足すことで苦味を抑えたコーヒーを注文することが可能です。

上のコーヒーの種類を説明したときに、レストレトというコーヒーを紹介しました。Weakコーヒーの場合は”レストレト”が使われます。

レ本来30mlのエスプレッソの量ですが、Weakコーヒーの場合は15mlです。ただし、量は半分でも抽出の最初の15mlなので苦さは半分ではありません。

「Weak Cuppuchino」という感じで注文します。

Strong

名前の通り、苦めのコーヒーをオーダーしたいときに使われる言葉です。

これはダブルレストレトが使用されます。30mlなので、量自体は同じなのですが、レストレトを使用している分、エスプレッソよりも苦めに仕上がりになるということです。

ロングブラックの場合、レストレトではなく、エスプレッソを3ショット(90ml)使用します。

ミルクの種類の変更

基本的にカフェで使われるミルクは、”フルクリーム”と呼ばれる脂肪分が多いミルク。注文時にミルクの種類を指定することもできます。

Skinny Milk

フルクリームミルクに比べて脂肪分が少ないミルク。食事に気を使っている方はこのミルクを指定すると良いでしょう。

Soy Milk

大豆のミルクですね。ビーガンの方が注文されることが多いです。

アーモンド・ミルク

私は試したことがないですが、注文可能です。なんとなくのイメージですが、チョコレートが入るモカとの相性が良さそう。

気になる方は是非試してみて感想を教えてください笑

ちょっとしたオーダーの工夫

エスプレッソ、ミルクも自由に変えることで好みに合わせてオーダーできます。

もうほんの少しだけ、オーダーの種類を覚えてみましょう。

ミルクの温度を変える

メルボルンのカフェでは基本的に、”熱い”状態のコーヒーは提供されません。

ミルクの温度は65度が一番甘みが増すと言われていて、エスプレッソに注がれる時は65度が目安とされています。

そのため、手元にコーヒーが来る時にはそれよりもだいぶ温度が下がっています。「ぬるい」と感じる方も多くいると思います。

その時は「エクストラホット」と注文しましょう。

脇にミルクを添える

特にブラックコーヒー(ロング、ショートブラック)を注文するときに使います。

半分くらい飲んだときに、ミルクを加えて飲みたくなるときってあるじゃないですか、そんなときに是非試してみましょう。

「Can I get please long black with hot milk on the side」

と注文すれば、ロングブラックと小さなピッチャーにホットミルクが添えられえてでてきます。ミルクは冷たいのでも暖かいのでもどっちでも大丈夫です。

小さなホットミルク(Babychino)を注文

小さなお子さんを連れたお客さんが来た時などに、無料で提供される場合があります。

まぁ小さなホットミルクです。あまり注文されないと思います。

まとめ

いかがでしたか?メルボルンのカフェ文化を、これまで以上に理解が深まった!と感じていただければ幸いです!

メルボルンに旅行される方、在住の方問わず、メルボルンでカフェ巡りをされる際にオーダーを少し変えてみるだけでいつもと違う体験をできるかもしれません!

私は実際にメルボルンでバリスタコースを受講していますので、何か質問がある方は是非連絡をいただけたらできる限り返答します。

Twitterのアカウントはこちら→@matsutrip

バリスタコースの体験談の記事はこちらで公開しています。

こんにちは。@matsutripです。 現在、オーストラリアのメルボルンでワーホリをしています。 メルボルンで生活してい...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする