[カフェ巡り] 土曜日は営業時間が他のカフェよりも長い!”Gabriel Fitzroy”を紹介!

(”Gabriel Fitzroy”)

みなさん、こんにちは。 @matsutripです。

今回もFitzroyにあるカフェGabriel Fitzroyを紹介します。ただ、BrunswickストリートとSmithストリート周辺のカフェを中心に紹介してきましたが、今回のカフェはそれらのカフェから少し離れています。

ただ、大きな通りにあり、テラス席も豊富にあり、人の出入りもそれなりにあるので結構目立ちます。

入り口の看板の”Gabriel”は正しい向きで書かれていますが、”Fitzroy”の文字は逆さまなのは何か理由があるのでしょうか?笑

ホームページを見る限り、このカフェはフランス、ヨーロッパ式のカフェが原型のようです。

メルボルンのカフェでの通な注文方法、メニューの解説などはこちらの記事で紹介しています。

どーも、こんにちは。@matsutripです。 メルボルンでワーホリに来てから、カフェの多さに驚き、カフェ文化にすっかり取り憑...

店舗情報 ”Gabriel Fitzroy”

ホームページ

ホームページはこちらからご覧いただけます。

場所

Gabriel CAFE 187 Gertrude St, Fitzroy VIC 3065

営業時間

月曜日 7:30-15:30
火曜日   7:30-15:30
水曜日   7:30-15:30
木曜日   7:30-15:30
金曜日   7:30-15:30
土曜日   8:00-17:00
日曜日   8:00-16:00

土日が営業時間が長いのが珍しいですね。土曜日は5時まで営業しているので、結構遅くまでお茶できるのがいいですね。

Wifiの有無

このカフェの名前のWifiは見つけましたが、パスワードは見つけることができませんでした。

店内の雰囲気

訪れたのは日曜日の午後2時過ぎ頃。すでにランチ時は過ぎているので、そこまで店内は混雑していませんでした。

座席は2人席4、4人席が多く配置されています。1人席はカウンター席か窓側の長テーブルの席しかなかったように思います。

店内の雰囲気は少しレストランの雰囲気に近いです。

その雰囲気のせいかあまり1人客は見かけませんでした。2人客が多いように感じました。

音楽が少々うるさく感じる時がありますが、それは私がスピーカーの近くに座っていたからだと思います笑

それとたま〜にですが、埃っぽい匂い?がしてそれがすごく気になりました…

これも座席のせいだと思いますが…

テーブルの頭上にある大きな電球は、1930年代のタスマニアの全寮制の学校を彷彿とさせるとBroadSheetでは紹介されています。(BroadSheet

3時くらいになると一気に混み初めてきたなぁと思いましたが、雨が降り始めたからのようで、雨宿り目的に立ち寄った感じですね。

雨が上がった後に外に出ると虹がかかっていました。

スタッフさん

スタッフの方は結構忙しそうにしている感じで、積極的にお客さんと話す感じではあないように感じました。

このあたりもレストランよりの接客スタイルだと感じました。

メニュー

(メニュー1)

(メニュー2)

ランチ後だったので、コーヒーのみの注文です。

ストロングフラットホワイトを注文。

苦味が最初にガツンっときますが、すっと鼻から抜けて後味すっきりな感じです。ほんの少し酸味も感じますね。

Inglewood Coffee Roastersの豆を使用しているようですが、初めて聞くロースターの名前ですね。有名なのでしょうか?

隣でランチを食べている方がいましたが、おしゃれでとても美味しそうでした。

ドリンクメニューの中にはアルコールも含まれているので、お昼でもアルコールを楽しむことができます。

*メニューの下の注意書きに書かれていたのですが、パブリックホリデーは15%のサーチャージがあり、カードで支払う際は全てのカードが対象で1.5%の手数料がかかるようです。

”Gabriel Fitzroy” まとめ

フィッツロイにあるGabriel Fitzroyカフェ。

メルボルンのカフェのほとんどは、土曜日は早めに閉店するカフェが多いですが、こちらのカフェは夕方の5時まで営業しています。

レストランのような雰囲気なので、カフェ色が強いカフェが好きな方はあまり好きではないかもしれませんが、ランチ後のお茶にオススメのカフェです♪

私はメルボルンの語学学校でバリスタコースを受講していました。もし興味のある方はこちらの記事をご覧ください。

こんにちは。@matsutripです。 現在、オーストラリアのメルボルンでワーホリをしています。 メルボルンで生活してい...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする