[TIATラウンジ] ワンワールドステータスで羽田空港到着時にシャワールームを利用!

みなさん、こんにちは。@matsutripです。

メルボルンからシンガポールを乗り継ぎ、無事に羽田に到着。約半年ぶりに日本に上陸しました。

しかし到着してすぐに、友達と羽田空港で合流でし、そのまま羽田空港から沖縄へ旅行するという激しめな日程でした。

ただここまでの工程はシンガポールの乗り継ぎで、合計約18時間ほどの拘束…しんどい…

どーも、こんにちは。@matsutripです。 ワーホリから約5ヶ月が経過し、自分のワーホリ生活の半分がすぎました。しかし、急...
どーも、こんにちは。@matsutripです 前回の記事、メルボルン→シンガポール間をカンタス航空を利用しました。 ...

同日の国内線で沖縄に向かわなければいけない私は、とりあえずシャワーを浴びるために”TIATラウンジ”を探すことにしました。

本来ならば、国内線のJALラウンジでもシャワーを浴びることができるのですが、友人が一緒、しかも4人でも旅行だったので、僕だけがラウンジに行くのはさすがに気まずいと感じたため、今回は到着ラウンジを利用することにしました。

JALの到着ラウンジは存在しない

(JALのホームページを参照)

とりあえずネットで『JAL 到着ラウンジ 羽田空港』あるいは、『ワンワールド 到着ラウンジ 羽田空港』と検索するも見当たらず…

しかしJALのラウンジのページを下の方までじっくりみてみると上のように『TIATラウンジ』というものを発見!

実際に行ってみることに! 利用できるステータスは上の画像を参考にしてください。

条件としてJALが運行する国際線で、JAL便名でなければ利用できないようですね。

ということは、JAL以外のワンワールド系列で運行される便やJALによって運行されていても他の航空会社のコードシェア便だったら利用できないということになるようです。

今回は私はこの条件通り『JALが運行し、かつJAL便名』だったので利用資格があるということになりますね。

TIATラウンジの場所

TIATラウンジは、入国審査と税関を通過した後にあるようです。到着ロビーに到着してすぐ左のほうにありました。

ラウンジのイメージは制限エリア内にあるイメージですがこちらはどうやら違うようですね。

TIATラウンジと表記されているのだと思いましたが、『SHOWER ROOMS』という名前です。ドトールの隣にありますし、目立つのですぐに見つけることができます。

制限時間がある?

本来ならばTIAIラウンジはお金を払って利用できるサービスです。

そのため、いくらJALの上級会員だとしても時間制限はあるようですね。事前調査では30分間の利用だと聞いていましたが、その情報通り30分間の利用でした。

30分間でシャワー、ドライヤーで足りるか…? それに加えて今回の記事ように写真もとらなければいけません…

まぁでも私の場合は十分でした。

シャワールームはNまであったので14室くらいあることになりますね。使用するまで待つことはないと思います。

シャワー室内の様子

大きいスーツケースを入れるには結構狭く感じますが、十分な広さです。

ただシャワーを浴びた後にスーツケースを置く場所を発見したので、そこに預けた方がいいかもしれません。

アメニティも販売しているようです。歯ブラシくらいは置いてくれてもいいなぁと思いましたが、無料でシャワー室を利用できるだけでも十分ですよね。

扉にはハンガーがかけられているのでコートなどをかけられます。

洗面台は綺麗です。ドライヤーも見えやすいところに置いてあり、探す手間もかかりません。

シャンプーは少しキシキシ感がありましたが合格点です。シャワー室内も清潔でした。

係員によって使用状況が完全に把握されている分、清掃も行き届いているのがわかります。

水圧が結構幅広く調整できるのですが、めちゃくちゃ強くできました。水圧が強いのが好きな方もいますしいいですね。

シャワー室利用後は自動販売機で水やお茶が無料で1本購入できます。まぁ1本だと言われたのですが、ボタンを押すだけで購入できるので複数本もらえたりしちゃう気がします…

自動販売機を利用しない場合は、隣にあるドトールの割引券をもらえるようです。

”TIATラウンジ” でシャワー室を利用した感想

JAL便を利用しサファイア以上のステータスを所有している場合、この”TIATラウンジ”を利用することができます。

私は運良くその条件をクリアしていましたし、シャワールームを利用したかったのでちょうどよくレポート記事を書くことできました。

意外と到着後にシャワーを浴びたい人もいると思うので、このサービスは良いと思います。利用時間の制限もあり、女性の方は化粧をする時間はないと思いますが、私の場合は特に急ぐことなくちょうどいい制限時間だと感じました。

意外と到着した後に”TIATラウンジ”をワンワールドのステータスで利用できることは知られていないと思います。ステータス所有者はぜひ利用してみてはいかかでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする