”インドネシア観光” ジョグジャのローカル旅を楽しんだインドネシア旅!

こんにちは、@matsutripです。

今回のは、2017年のGWの時にインドネシアに一人旅をした時のことについての記事を公開したいと思います。

JGC修行のために、マレーシアのクアラルンプール発券をしていたため、マレーシアから近く、まだ行ったことのないの国が『インドネシア』だったため、行き先をインドネシアにしました。

インドネシアはバリ島が観光地として有名ですが、今回は、バリ島の他にも、ボルブデュール遺跡がある、『ジョグジャカルタ』というところにも行ってきました。

ぜひ、”インドネシア観光”をしようと思われている方の参考になればと思います。

みなさん、こんにちは。 @matsutripです。 Follow @matsutrip 飛行機によく乗る方は聞いたことがあるか...
みなさん、こんにちは。ひよっこブロガー🐤メルボルン🇦🇺 @matsutripです。 ...

2017年は、私が一番バックパッカーとして旅をした年です。2、3月の春休みには、東南アジア一周をしました。

東南アジアは物価が安く、学生の一人旅にオススメの国です。

みなさん、こんにちは。@matsutripです。 今回は、2017年2月〜3月にかけて行った、東南アジア周遊記のまとめを公開し...

8、9月の夏休みには、東欧一周もしました。小国がたくさんあり、少しの移動で国境を越えることができたので、たくさんの国行くことができました。

スペインやフランス、ドイツなどの物価が高い国には行かず、物価の安い国を中心に周りました。マイナーな国が多いですが、それでも魅力的な観光地がたくさんあるので、ぜひ訪れてみてほしいです。

この記事では、東欧を周遊したルートやおすすめの国を紹介しています。これから東欧を旅行する方のために、注意点や覚えておくと得するポイントも伏せて紹介してますので、ぜひ参考にしてください。

”インドネシア観光” ジョグジャカルタ編

インドネシアの首都は、「ジャカルタ」なので、少し名前が似ていますね。

インンドネシアの観光地といえば、バリ島のイメージが強いかもしれませんが、このジョグジャカルタも自然あふれる観光地がたくさんあります

ちなみに現地では、『ジョグジャ』という愛称で呼ばれています。

実際私も、ボロブデュール遺跡くらいしかわからなかったのですが、いい宿にあたり、そこのオーナーにいろいろ教えてもらうことができ、たくさん観光することができました。

・ボロブデュール遺跡
・ジョンブラーンケーブ
・プナンパナン遺跡

この3つが私がジョグジャカルタの滞在中で訪れた観光地です。

GWということもあり、宿には私含めて3人の日本人が滞在していました。

ボロブデュール遺跡

(ボロブデュールまでの道のり)

ボルブデュールまでは、バスなどで格安に移動できますが、今回はゲストハウスのオーナーとオートバイクで移動。

バイクに乗りながらジョグジャカルタの大自然の中を通過します。

道中ではバイクで3人乗りをしてる子供達がいたりして、日本とは全く違う光景を目の当たりにしました。

ただ、道中で会う人に挨拶をするととても笑顔で挨拶してくれるのが、ジョグジャカルタの人の優しさを表しているなと感じました。

カンボジアの『アンコールワット』、ミャンマーの『パガン遺跡』に並び、『ボロブドゥール遺跡』も世界三大仏教遺跡のうちの1つです。

私は東南アジア一周したときにアンコールワットにも行ったことあります。その時の記事はこちらをご覧ください。

みなさんこんにちは。今回は誰しもが一度は聞いたことがあるであろう、アンコールワット遺跡群についてご紹介します。アンコールワットはカンボジアで...

世界文化遺産に登録されているだけあって、いろんな方が見に来ていました。

現地の学生?らしきグループにここに来た目的などを英語で聞かれたり、アンケートに答えたりしました。

GWなので日本人を多く見かけるかな、とも思ったのでそこまでいなかった印象です。

サンライズの案内板ですね。私は朝早く起きるのがとても苦手なので、こういったサンライズツアーなどには参加しないんですよね…

アンコールワットの時も行きませんでした…笑

その分夕日を見るのはとても好きです♪

ボルブデュールの帰りには、ゲストハウスのオーナーに「見せたいホテルがある」と言われたので、紹介してもらうことに。

思った以上に高級ホテルでびっくりしました。

レストランで少しデザートを食べながらゆっくりと休憩しました。

絶対普段は入れないホテルなのですが、ゲストハウスのオーナーが、「デザインに興味があるので見学したい」とホテルの人に交渉して、レストランだけでなく、部屋の中まで案内していただきました。

確かですが、このお面を部屋のドアに置くことで、

「邪魔しないでください」という意味だった気がします…

ジョッンブラーンケーブ

日本語のサイトではあまり観光地として取り上げられているのを見なかったのですが、ゲストハウスの方からオススメされたので行ってみました。

今回のジョグジャカルタの滞在では、一番印象に残った場所です。

こんな感じの機材を使って下に降下していきます。

中国人の団体観光客が多かった印象です。日本人は僕1人だけでした。

洞窟内の様子はこんな感じです。

鍾乳洞に近い景色でした。湿気がものすごく高いので暑く感じます。

こんな感じでとても神秘的でした。

人影がいい感じですね。

岩に光が当たるととても神秘的です。

1時間くらいでしょうか、洞窟内を見ながら散歩していました。

結構滑りやすいところもあるので気をつけてください。一応靴は、洞窟に入る前に長くつに履き替えるのですが、汚れてもいい服装で行った方がいいかもしれません。

結構汗もかくので、着替えがあった方が帰りにシャワーを浴びて、すっきりした状態でかえれますよ🎵

あまり知られていない観光地なので、ぜひ行ってみてください!

プナンバナン遺跡

ジョンブラーンケーブの後に、ガイドさんがそのまま連れて行ってくれました。

スコールに見舞われながらも丁寧に案内していただき感謝です。

ボルブデュールは有名な遺跡ですが、こちらの遺跡はあまり日本人の間では知られていませんね。

私もジョグジャカルタに来てから知りました。一応ちゃんとした世界文化遺産です。

家がこの遺跡の近くにあるとのことで、送迎をしながらも、簡単に、プナンパナン遺跡のガイドを個人でもやっているそうです。

背景の壊れた遺跡を見ると、カンボジアのベンメリア遺跡を思い出しますね。

この像を見るとなんだか、千と千尋を彷彿とさせる…(なんとなくわかる方いますかね?)

宿は『ザ・パティオ・ヨガ』がおすすめ!

ここの宿は本当にオススメです。

もう一度ジョグジャカルタに行くならまたここに滞在します。

・オーナーがめちゃくちゃ優しくて、気さく
・自分が好きなようにツアーを組める
・朝ごはんが美味しい!お弁当でフルーツの盛り合わせまで用意してくれる

これはBooking.comで人気なのがわかります。

低い価格帯で9.3もの高評価を得ています。

今回のジョグジャカルタの滞在で、このゲストハウスのオーナーにとてもお世話になりました。

市内からボルブデュールまでオートバイで片道2時間も運転してくれたり、一緒にツアーのルートを考えてくれたり、一緒に夕飯を食べてお祭りを見たり、ホテルの見学を一緒にしたり、夜遅くに満点の星空を一緒に眺めながら、夢の話をしたり…

今までのゲストハウスの滞在の中で一番思い出に残りました。

これから約3ヶ月後にヨーロッパの旅で、オーナーがベルギーに一時帰国するといっていたので会いに行こうかなと思ったのですが、東欧の旅中、あるハプニングで連絡が取れなくなってしまったのが残念です…

また、このオーナーに会いにいくためだけに、このゲストハウスに行きたいなぁ…

この記事では、東欧を周遊したルートやおすすめの国を紹介しています。これから東欧を旅行する方のために、注意点や覚えておくと得するポイントも伏せて紹介してますので、ぜひ参考にしてください。

バリ島

バリ島といえば…バカンス!!

となる方がいるとは思いますが、すみません、海には行ってません!(どんっ)

今回はウブドという山の方にある街に行ってきました!

(海って1人で行っても悲しくなるだけなんですもん…)

ウブドまでの移動

(ウブドの夜の街並み)

まずは、ジョグジャカルタからデンパサール空港(バリの空港)まで移動し、それからウブド行きのバスが出ているショッピングモールまでタクシーで移動しました。

ウブドまでは約1時間半くらいだったと思います。乗合バスで移動したので、途中で複数回とまりましたが快適に移動することができました。

ウブドはとても雰囲気がいい街

路地裏探検がとても楽しい街です。

散歩だけで結構楽しめます。少し路地に入ると子供たちがボールで遊んでいたので一緒にサッカーをしたりして楽しみました笑

こういった木でできた建物の雰囲気がとても好きなんですよね…

あとどこのゲストハウスもバイクがめっちゃ駐輪されています。おそらくレンタバイクのサービスもしているのでしょう。

わたしは、バイクに乗ったことがないし怖いので、レンタバイクは未経験です。

うーん…

うーん…

まぁ、あれです。子孫繁栄を願った置物です。(ガチ)

いたるところで見かけることができます。

結構雑貨屋さんや、絵を売っているお店のような立ち寄りたくなるお店が多いです。

兄から「いい絵があったら買ってこい」と海外に行くたびに言われるのですが、絵って大きいしバックパッカーだと荷物を増やしたくないんですよね…

ペットを肩に乗っけているお兄さん。

おしゃれな方で、とても気さくでめっちゃ話しかけてきました笑

猿が簡単に見れる?モンキーパーク

ウブドの中心地から少し歩くと、猿がたくさんいる公園があります。

入場するにはお金がかかりますが、入場する前の入り口付近でもたくさんの猿がいるので、少し見たいくらいの人は入場する必要はありません。

親子猿はとても可愛かったです。

あまり、攻撃性があるようには見えませんでしたが、食べ物を持っていると襲ってくるかもしれないのでそこらへんは注意が必要ですね。

棚田ツアー

(出典→https://tabinaka.co.jp/magazine/articles/11140

ウブド滞在中すごく楽しみにしていたことなのですが、ジョグジャカルタがあまりにも楽しくて、予定よりも長く滞在してしまったこと。

ウブドの滞在期間中は天気が優れず、棚田ツアーに行けませんでした。

ウブドは他にも、寺院のサンセットツアーやダンス観賞など観光資源が豊富なのですが、スケジュールが合いませんでした…

もっとうまく日程を組むべきだったなぁと後悔しました。またインドネシアに来た時はウブドを堪能したいと思います。

みなさん、こんにちは。@matsutripです。 筆者は現在は大学生ではありますが、休学してオーストラリアのメルボルンで1年間...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする