[JAL774便] メルボルンでのワーホリを終えついに帰国!

どーも、こんにちは。@matsutripです。

今回はついにオーストラリア、メルボルンでのワーホリ生活を終え、ついに帰国します。

その帰国便となるメルボルン空港から成田空港まで”JAL774便”の搭乗記を公開します。

約10ヶ月のオーストラリアの滞在でしたが、もう当分の間オーストラリアに訪れることがないとなると、少し寂しいですね…

ただ、今回はメルボルンから往復で航空券を購入したので、2月頃にまだ戻ってくる可能性が高いですね笑

購入までのあれこれ

今回は搭乗する4ヶ月前にほどに購入しました。

メルボルンから成田空港までは直行便があるのですが、メルボルン出発だとJAL便でも、そこまで値段が高くありません。

僕は、今回メルボルン⇄成田空港の往復で、約5万5千円で、予約クラスはOクラスです。

この前、一時帰国で購入したJAL便は、8万5千円くらいでS、Vクラスでした。

Oクラスは格安ですが、マイルは50%積算ととてもお得な航空券です。Skyscannerを頻繁に確認すると見つけることができます。

ちなみに、Qクラスはマイル積算率が30%で、ツアープレミアムが適応されないので、Oクラスよりも1万円弱高いのに、マイルがほとんど貯めることができないという謎な状況になってしまいます。

JALマイルを貯めるのにガチな人は、Qクラスよりも、Sクラスなどを予約した方がいいです

オーストラリアから日本に一時帰国する際に、利用する航空会社で悩んでいる方は以下の記事をご覧ください。

みなさん、こんにちは! @matsutripです。 現在、オーストラリアのメルボルンに住んでいますが、日本に”一時帰国”するこ...

座席指定のあれこれ

Oクラスで航空券を予約したのが今回初めてでした。

以前一時帰国のときもJALを利用したのですが、そのときはSクラスとVクラスで、その時は予約時に座席指定が可能でしたが、今回Oクラスの利用のためか事前に座席を指定することができませんでした

上のスクリーンショットでもわかりますが、『座席指定不可』と表示されています。

JGC会員のおかげでいつも非常口の普通の席よりも広い座席を予約していたのですが、今回は予約段階では不可能でした。

東京⇄メルボルン間の移動は10時間ほどかかりますので、やはり座席指定は疲労度にも大きく関わってきます。

座席解放時期を狙う

一般的に48時間前のオンラインチェックインが開始されるのと同時に、ツアー客のために抑えられていた座席が解放されます。

→可能か、不可能か

メルボルン空港

今回はメルボルン空港、ターミナル2からの出発です。出発の1時間半前に到着。

移動はSky Busを利用しました。

Mykiのみで移動することも可能ですが、オーストラリアの交通機関(バスやトラム)は時間がよく変わるので急いでいる人や、まだメルボルンに慣れていない人にはオススメできません。

このフライトの3日前にエアーズロックに行っていたこともあり、そのときに往復でSky Busのチケットを購入しておきました。

ただバーコードが読み取れなかったのですが、運転手の方に「乗れ乗れ」と言われて、乗ることができました。

Southern Cross駅からはノンストップで空港まで行くのですが、夜の利用者はあまりいないのか私の他に2人ほどしか、いませんでした。

Sky Busは2階建のものがあるので、2階は僕の貸切常態でした。

念の為、Mykiでメルボルンの空港⇄市街の移動方法も紹介しておきます。

みなさん、こんにちは! ひよっこブロガー🐤メルボルン🇦🇺@matsutripです。 ...

チェックインカウンター

チェックインカウンターはJGCなのでビジネスクラスカウンターを利用します。

JGCプレミアからJGC平会員に格下げされたので、これまで使えたファーストクラスカウンターは利用できません。

みなさん、こんにちは。@matsutripです。 今回の記事では、JMBサファイアからJGCの平会員落ちについての記事を公開し...

それとまだ今年度の新しいステータスカードが手元になく、ビジネスクラスカウンターを利用できるかとても不安でした。

実際はパスポートを見せただけでJGCカードすら見せることすらありませんでした。

免税店

メルボルンの空港では特に免税店でお得に購入できるものが多くありません。

市内で購入できるものは基本的に、空港で購入すると割高になります。

ただメルボルンで代表的なカフェの1つである『St Ali』というカフェのコーヒーが飲めるので試したことがない方は、ぜひメルボルン空港で試してみてはいかがでしょうか。

カンタス航空ラウンジ

無事にチェックインを終え、保安検査場を通過し、ラウンジを目指します。

お土産は市内ですでに済ませてあるので、免税店などには寄りませんでした。(そもそも免税店で帰るほどお金もってない笑)

カンタス航空のビジネスクラスラウンジは終了間際だったので、利用することができませんでした。

受付の方に、マルハバラウンジに向かうように言われたので移動することに。

まぁチェックイン時にマルハバラウンジを勧める理由はそういったところにあるようです。

カンタス航空のビジネスクラスのラウンジ利用は、JAL便が出発する時間帯だと利用できないので、また次回、メルボルン空港を利用する時に挑戦してみます。

以前のファーストクラスラウンジを利用した記事はこちらの記事です。

どーも、こんにちは。@matsutripです。 ワーホリから約5ヶ月が経過し、自分のワーホリ生活の半分がすぎました。しかし、急...

”JAL774便”搭乗記

JALのエコノミーはかなり評価が高いです。

2018年もSKYTRAX社から「ベスト・エコノミークラス・エアラインシート」賞を受賞しました。

この便も”SKY WIDER”なのでエコノミークラスでも十分広いです。→シート、エコノミークラス

以前、メルボルンから日本に一時帰国した時は、メルボルンからシンガポールで乗り継いで東京に帰る日程でした。

そのため今回初めて、メルボルンから成田の直行便を利用することになります。

成田からメルボルンのJAL773便は以前利用したことがあります。気になる方は以下の搭乗記をご覧ください。

みなさん、こんにちは。@matsutripです。 ワーホリ中の一時帰国を思う存分に楽しみ、日本に名残惜しさを残しつつ、残りのワ...

使用機材

今回搭乗する機材は、787のSKY SUITEです。

エコノミー席もシートピッチが86センチと他の航空会社の席に比べると広いので快適です。

離陸まで

搭乗率は70%くらいでしょうか、結構空席が目立ちます。2人席を1人で利用している人も多く見かけました。

さすがJAL、予定通りに出発。12;05分のフライトですが、12時には動き始めました。

座席

よく48時間前には座席が解放されるなどと言われていますが、私が48時間前に座席姉弟ができるか確認したところ、Oクラスの場合は予約不可なようです。

ただチェックインの時に座席を知らされたのですが、18番のD席だと言われました。

今回利用する機体だと18番D席はビジネスクラスの真後ろで、足元が広い座席です。

JGCなどのステータスを持っている場合、座席指定が無料です。

非常口座席を予約する人が多いですが、今回のように座席指定が不可な場合でも、足元が広い座席にアザインされる場合が多いような気がします。

これはJALに限ったことではなく、マレーシア航空を利用した時も同様でした。こういったところで地味にステータスのありがたみを感じます。

機内食

まずは離陸から1時間ほどで、上の画像のようなポテトチップスや水などの軽食が配られます。

Tim Tamはオーストラリアを代表するチョコレートクッキーです。

その時に簡単なドリンクサービスも始まりますので、アルコールの注文も可能です。

着陸2時間〜1時間半前になると朝食サービスが始まります。

夜行便ですので、しっかりとした食事はこの朝食のみとなりました。朝食だと食後のハーゲンダッツは提供されないのでしょうか、楽しみにしていたのですが今回は食べることができませんでした。

上の画像のヨーグルトはWoolworthやColesなどで購入できるものですね。

軽食のTim Tamも同様ですが、何か1つはオーストラリアでも購入できるものが使われていますね。

着陸

朝食を食べて、映画を見ているとすぐに着陸態勢になりました。

窓側の席ではなかったので外の様子を見ることはできませんでしたが、天気が良かったので眺めは良かったようです。

離陸と同様も、着陸も時間通りでした。定時率が高いJALさん、さすが。

おまけ 到着時に利用できる免税店

到着時の免税店でSeven Starのタバコを友達のために購入。

10ケースの購入で3,300円でした。約1000円ほど安い計算でしょうか?

免税店は多くの方が素通りしていたので、あまり利用率は高くないのだと思います。私が友達になんの銘柄がいいか聞いているときも誰も利用していませんでした。

1箱購入したのですが、購入時に「2箱までなら免税ですよ」と勧められました。友達用だったので1箱のみで十分です。

貯まったマイル数

予約クラスはOクラスなので、積算されるマイル数は、50%です。

その区間マイルに、ツアープレミアム分と、JGC会員分ボーナスマイルが追加されます。

なお、JALカードnaviを利用していて、JALの国際線を利用した場合には、300マイル加算されます。

みなさん、こんにちは。@matsutripです。 私は、学生で旅をすることが趣味で、時間さえあれば世界各地を飛び回っています。...

そのため、合計で貯まるマイル数は、6,282マイルです。

ちなみにFOPは往復で、3818×2で=7,636FOPです。この航空券は56,800円なので、FOP単価は、7.4円ということになります。

今年は特にサファイアとかは目指していませんが、このフライトで、24,000FOPくらいたまったので、クリスタルくらいは目指してもいいのかなと思います。

みなさん、こんにちは。 @matsutripです。 Follow @matsutrip 飛行機によく乗る方は聞いたことがあるか...

ちなみに、今回のフライトでは、4月にJGCプレミアからJGC平会員に格下げされた分、ボーナスマイルも少なってしまいました。

みなさん、こんにちは。@matsutripです。 今回の記事では、JMBサファイアからJGCの平会員落ちについての記事を公開し...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする