[JAL関連] JALがまた改悪? “JAL国際線特典航空券PLUS”とは?

みなさん、こんにちは。@matsutripです。

ここ最近、JAL関連の記事を書くことが多く、そろそろビジネスクラスの特典航空券に関する記事を書こうと思い、JALのホームページを参考にしようと思っていたら…

「あれ…?いつもと表示が違うな…」

と違和感を覚えました。

それもそのはず、今までマイル早見表とかで、地域別に必要マイル数がすぐに観れたのに基本マイル数のとなりに、

国際特典航空券PLUS』という文字が。

ホームページを見る限り、この制度が始まったのは、2018年12月4日らしいですね。開始されてから約4ヶ月間も気づかなかったんですね…

少し気になったのと、勉強ついでに詳しく調べてみました。

個人的な意見を一言で、結論としていってしまいますと

改悪

だと感じました。いやぁ本当に。そろそろJALから離れてもいいかなと思うレベルです。

”国際特典航空券PLUS”とは?

(参考 JALホームページ→JAL国際線特典航空券PLUSの導入について

混雑具合や、シーズンによって変動する”追加マイル”が異なります。

利用したことはありませんが、デルタ航空なんかがこの制度を活用しているようですね。

必要マイル数が変化する

ここがPLUS導入によって大きく変わるポイントですね。

もしハイシーズンだったら必要マイル数が大幅に上がります

JALのホームページを参考にすると、上の画像のように、ホノルル行きの便はエコノミークラスの場合でも、最大の追加マイルは114,000マイルです

ちなみに、片道ですよ?

いやぁ、もう言葉がでません。もちろん、予約したい日が全て最大マイルの114,000マイル必要になることはないですが、もしも、往復で最大マイル利用した場合、228,000マイルも必要になります。

まぁ、こういった状況になるのは、ハイシーズンのGW、お盆、お正月だと思いますが、もはや普通にお金を払って航空券を購入した方がいいと思います。(マイルもたまりますし)

あまりにもマイルが余っている…なんて人はいいかもしれませんが、普通の人はせっせとマイルを貯めているはずです。

うーん…どう考えても、この”国際線特典航空券PLUS”に魅力を感じないですね…

[参考] お盆のハイシーズンにホノルルのエコノミークラスを購入した場合

JALのホームページからお盆に、東京からホノルルの往復の便の値段を調べてみました。

エコノミークラスの中では運賃が高めのBクラスです。(この値段を調べたのは4月)

往復料金は約30万円ほどですね。

ついでに、特典航空券で同じ日に調べて見た所、片道86,500マイルが必要と表示されていたので、往復173,000マイルが必要になることになります。

この時点で、マイル単価は1.73円と、かなり割高に感じてしまいます。

そもそも173,000マイルとかふざけてますよね…ワンワールドの特典航空券でファーストクラスで周遊できちゃいますよ…

個人的にマイル単価5円以上じゃないと特典航空券に交換したいとは思いません。

お得になる路線もあるが…

JALのサイトでは、シンガポール、ホーチミンシティー、フランクフルト路線が例に出され、これまでより少ないマイルで交換可能だと謳われています。

ただ、この必要マイル数も、シーズンや空席状況によって大きく変わりますので、少ないマイル数で予約できる人は限られてくるでしょう。

PLUS導入によってルールも変更

(出典 JALホームページ

上の画像が以前の特典航空券のルールと今回の、PLUS導入後のルールの変更点です。

目立つ変更点は以下の2点です。

・キャンセル待ち
・予約変更

キャンセル待ちができない

これまでは特典航空券の予約が埋まっている場合は、キャンセル待ちができました。

私は、国際線の特典航空券を予約した経験はないのですが、ここで問題になるのが”上級会員”が大きなデメリットを被ることです。

これまでキャンセル待ちの状況の時は、一般会員が100人いる状態でも、上級会員(ダイヤモンド)がキャンセル待ちをすると横入りできたんですね。

優先順位的には、以下のように分けられます。
S ダイヤモンド、JGCプレミア(ワンワールドエメラルド)
A サファイア会員、ルビー
B 一般会員

しかし、これからはマイルを上乗せして予約ができるようになることで、これまでキャンセル待ちで横入りができた上級会員の特権がなくなってしまいました

日程変更不可

これまでは特典航空券でも、変更する便に空席があれば、便の変更が”無料”で可能でした。

ただ、今回のPLUS導入では日程の変更ができなくなり、日程を変更したい場合は、一度キャンセルしなければいけません。

キャンセル料は、3,100円/1人がかかります

これまでの特典航空券のフレキシブルさに慣れていた人にとってはなかなかつらい変更であることは間違いありませんね。

”国際線特典航空券PLUS” まとめ

JAL公式では、上の画像のように、PLUSのキャッチコピーとして

JAL国際線特典航空券がさらに便利に取りやすく

あまりメリットを得られる人はいないと思います。

個人的にですがPLUSの導入によって、単純往復でJALのみの利用は今後しないと思いますね。

まぁ、今のところは学生ですので、JALカードnaviの恩恵で、期間限定ではありますが、国際線のエコノミークラスは減額マイルで特典航空券に交換できます。

みなさん、こんにちは、@matsutripです。 以前から私は、学生向けにJALマイルの貯め方を紹介しているのですが、今回はそ...

まぁ、国際線の特典航空券の場合だと、燃料サーチャージや空港使用税を追加で支払わなければいけないので、当分は実家に帰る時の国内線を特典航空券に変えて利用することが多くなると思います。

どーも、こんにちは。@matsutripです。 今回はJALの国内線の搭乗記です。羽田空港から三沢空港を結ぶ路線を紹介していき...

それか、一気にマイルを使う手段としては、ワンワールドの特典航空券で擬似世界一周航空券を発券するのが、今のところのマイルの有効活用方法として候補に上がっています。

みなさん、こんにちは〜。@matsutripです。 JALマイルを貯めて、まず目指すことは”特典航空券”に変えることではないし...

これまでは、単純にJALカードの減額マイル、限定曜日出発などで、ビジネスクラスを利用して家族旅行なんてのもいいと思いました。

しかし、今回の『PLUS』導入により、大幅に必要マイルが増えるのは必須ですし、現実離れしてしまいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする