なぜJGCを目指す?『JGC』は本当に”必要”なのか?

みなさん、こんにちは。@matsutripです

JALの上級会員の証である『JGC』(JALグローバルクラブの略)。

旅好きの方や、出張で多く飛行機に乗る方などは結構耳にする単語なのではないでしょうか。JAL以外でもANAでもSFCと呼ばれる上級会員を意味するステータスがあります。

ただ、こういった上級会員を目指すにあたって、ある程度まとまった期間、費用がかかるわけです。

そのため、多くの人にとって故意に取得しようとしなければ、達成できない証でもあります。

しかし、やはりJGCを取得した際に得られるメリットは大きいわけで、苦労してでもJGCを取得するのに躍起になる方も大勢います。

今回の記事はJGCを目指そうと考えている方に、本当にJGCを取る必要があるのか?という視点で考察していきたいと思います。

ちなみに、私は学生ですが、『JGCプレミア』というワンワールドステータスを取得しています。

以下の記事で取得までの詳しい道のりを解説しています。

みなさん、こんにちは。 @matsutripです。 Follow @matsutrip 飛行機によく乗る方は聞いたことがあるか...

私が達成した期間は約2ヶ月

上でも説明しているように、私はすでにJGCプレミアというワンワールドのエメラルドステータスを持っています。

ただ単にJGCを目指す方は、JGCプレミアまで目指す必要はありません。

JGCプレミアまでの取得期間ですと約半年かかりましたが、JGCに入会するまでの条件である50000FOPポイントを貯めるまでは、2ヶ月間で達成することができました。

JGCになるまでの費用は30万円が目安

JGCを目指すさいに最も気になることは、費用に関することだと思います。

JGC解脱に関するブログ記事は結構目にしますが、その中でも30万円を目安に解脱を目指している方が多いように思います。

ちなみに私は、運良く10万円台でJGCを取得しました。海外発券などを駆使して割と楽しみながら達成できました。

みなさん、こんにちは。ひよっこブロガー🐤メルボルン🇦🇺 @matsutripです。 ...

JGC修行とは?

JGCは取ろうと思わないとなかなか達成できないステータスです。

そのためJGCを取得するために無理をして飛行機にのりまくる行為を『JGC修行』といいます。

私自身、楽しみながらJGCを達成したので『修行』という認識はありませんでしたが、周りには10回以上のフライトを土日でこなす社会人の方がいるなど、見るからに『修行感』が溢れる人もいます笑

私は学生中じゃないとできないなぁと思い、長期休みに一人旅をするついでにJGCを目指しましたが社会人の人にとってはなかなか厳しい条件であることは間違いないです。

JGCを取得することによって得られるメリット

簡単にですが、ざっくりとJGCのメリットを紹介します。

・チェックインカウンターに並ぶ必要がない
・保安検査場の優先レーンを利用できる
・ラウンジが利用できる
・非常口座席などの広い座席が予約可能
・優先的に荷物を受け取れる
・運が良ければ座席がアップグレードされる

・フライトでたまるマイル数が増える
・その他JALが提携する会社のサービスが得られる(ディズニーやUSJなど)

など様々なメリットがあります。あくまでメジャーなサービスですので、調べればもっと細かいサービスがあります。

メリットの特徴としては、やはり空港での待ち時間の激減、待ち時間をいかに有意義に過ごせるかというのがポイントである気がします。

チェックイン、保安検査場、荷物の受け取りの待ち時間だけで約20分くらいは短縮されるのではないでしょうか?

ラウンジを利用することによって、本来空港で待機する退屈な時間が、食事やシャワーを浴びることによって有意義な時間にへと変貌します。

JGCは本当に必要なの?費用に見合う価値は?

上のメリットを見ると、「今すぐにでもJGC会員になりたい!」と感じる人が多いのではないでしょうか?

ただ、上記でも説明したように、30万円という費用が最低でもかかると考えた方が良いです。

それに、JGC会員を継続するためにはクレジットカードの年会費を払う必要があります。JGCの申請で最低限必要になるカードの種類は、現時点では『CLUB-Aカード』ですが、それでも年会費10,800円がかかります。

全く飛行機に乗らない人が1年間だけ頑張ってJGCを取得しても、取得後にほとんど飛行機に乗らないという人の場合はJGCを無理して目指す必要はないかなと思います。

結局は、取得後にどのくらい飛行機に乗るのかというのが、JGCを目指す上で大きな鍵になると思います。

特に国際線の利用が多い方の方がJGCを取得するメリットが大きいです。なぜなら上のメリットの大部分は国際線を利用するときに、一番恩恵を感じられるからです。

みなさん、こんにちは。@matsutripです。 学生JALマイラーとして、これまでワンワールド系のラウンジをいくつか訪れてきました。...

私の例を出すと、JGC取得後の約1年半ほどの間の国際線のフライトは、10回ほどでしょうか。

個人的には特別多い方ではないと思いますが、このくらい利用してようやくJGCの価値があるなぁと感じます。

クレジットカード、JGCの特典で1年間に1度でもJAL便を利用した場合、継続マイルボーナスというものがもらえますが、1年間に1度のフライトだけならJGCを目指す必要ははっきり言ってないです。

私は海外旅行が好き、学生だからある程度時間の融通がきくという身分なので、割と頻繁に飛行機を利用するので、JGCには大いに助けられています。

卒業してからも、まだ先が長いので、JALがクレジットカードのみJGCという肩書きを持ち続けられる今の制度を変えない限り、年会費10,800円でJGCを保有し続けられるのは私にとってはすごくありがたいことです。

独断と偏見で断言しますと、JGCを取得後に年に3往復ほど国際線を利用するくらいの方でないと割に合うという感じはしません

今では高頻度で飛行機を利用していますが、年に一回ほどしか利用しないのが5年ほど続いてしまったら解約を考えるレベルだと思います。(多分いつか使うだろう思い解約できないと思いますが…)

ここまで、少し厳しめにJGC取得に関して必要か、不必要かを考察してきましたが、やはり今の私の状況ではJGCは必須です。

もはや当たり前だと感じてきたラウンジの利用や、優先チェックインカウンターの利用ですが、たまにLCCを利用した時に、待ち時間がストレスに感じてしまいます。

そのためJGCというステータスは、今では私にとって当たり前の存在になってしまっていますが、サービスには満足していますし、これからも利用し続けます。

もし、JGCに興味を持たれた方は以下の記事も伏せてごらんください。

みなさん、こんにちは。 @matsutripです。 Follow @matsutrip 飛行機によく乗る方は聞いたことがあるか...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする