[カフェ紹介] CBD内にある隠れ家カフェ”LB2 Specialty Coffee”を紹介!

(“LB2 Specialty coffee”路地裏)

みなさん、こんにちは。 @matsutripです。

今回もみんな大好きメルボルンのCBD内のカフェを紹介します。

大通りのBourke Streetから少し路地に入ったところにある”隠れ家的カフェ”です。

2017年にはメルボルンのベストカフェにも選ばれていますので、かなりの人気のカフェです。

あまり多くの人に知られているカフェではないように思うので知らなかった人は是非一度訪れてみてはいかがでしょう?

日本領事館の近くにあります。領事館には運転免許証の英文証明を取得するために行ったときにこちらのカフェに訪れました。

メルボルンのカフェでの通な注文方法、メニューの解説などはこちらの記事で紹介しています。

どーも、こんにちは。@matsutripです。 メルボルンでワーホリに来てから、カフェの多さに驚き、カフェ文化にすっかり取り憑...

店舗情報 ”LB2 Specialty Coffee”

ホームページ

ホームページはこちらをご覧ください。

場所

LB2

営業時間

Mon: 7:00 am – 4:30 pm
Tue: 7:00 am – 4:30 pm
Wed: 7:00 am – 4:30 pm
Thu: 7:00 am – 4:30 pm
Fri: 7:00 am – 4:30 pm
Sat: Closed
Sun: Closed

あまり営業時間を気にしていたわけではありませんが、土日は閉店しているようなので気をつけてください。

Wifiの有無

店内の雰囲気

少し路地にある隠れ家的なカフェです。

内装は木の暖かな空間で、森の中にある小屋?みたいな雰囲気です♪

非常に小さいカフェで、座席も15席ほどしかありません。

中央に長テーブルがあり6人ほど座れますが、長居するための場所というより、少しおしゃべりをしてコーヒーを飲み終わったらすぐに退店する、みたな人が多かったように思います。

私は窓側の端っこの席でパソコン作業をしながら店内の様子を見ていたのですが、かなりテイクアウェイのみのお客さんも多かったです。

路地にある小さなカフェですが、かなり多くのお客さんが出入りしている印象でした。

壁にはいろいろなコーヒーの淹れ方が紹介されていますね。黒板みたいですが、こういうのもおしゃれですよね♪

メルボルンのカフェはキープカップをおいているところが多いですが、このカフェはのキープカップがすごく可愛い!

陶器?でできているので結構ずっしりしていますが、柄がシンプルで結構好き!

落としたら…って考えると心配ですが、家の中で使ったり、職場においておきたいおしゃれアイテムになる気が!

コーヒー豆も販売しています。

Axilロースターの豆です。

スタッフさん

3人ほどいましたが、みなさんとても優しかったです。

店員さん同士の雰囲気もよく注文時もきさくに声をかけてくださいました。

メニュー

このお店はフードメニューを提供していないようです。上の画像はケース内にあるクロワッサン。

この店舗の形式はBrother Baba Budanにどことなく似ていますね。

みなさん、こんにちは。 @matsutripです。 最近、カフェ巡りのスピードが加速してカフェで消費するお金が尋常じゃ...

コーヒーは『Axil』のコーヒー豆を利用しているようです。

やはりAxilの豆は美味しいですね。久しぶりに飲みましたが非常にバランスが取れています。

ハムのクロワッサンも注文しました。本当はがっつりとしたフードメニューを注文したかったのですがキッチンがないお店のようだったので…

一度温められてから提供されるので5分ほど待つ必要があります。

メルボルンのカフェはクロワッサンを置いている確率が多いですが、どこもレベルが高いですね!

こちらのクロワッサンも外はサクサク、中はもちもちでとても美味しかったです!

中でもFitzroy(フィッツロイ)にあるLuneなどが有名なお店ですね〜。

”LB2 Specialty Coffee” まとめ

メルボルンCBD内の路地裏にあるおしゃれなカフェです。

店内は大きくないので混雑時は座れないことが多いかと思いますが、持ち帰りでコーヒーを楽しむのにもおすすめのカフェです!

平日の人が比較的に少ない時間帯が落ち着いていておすすめです♪

私はメルボルンの語学学校でバリスタコースを受講していました。もし興味のある方はこちらの記事をご覧ください。

こんにちは。@matsutripです。 現在、オーストラリアのメルボルンでワーホリをしています。 メルボルンで生活してい...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする