[ミャンマー情報] ミャンマーでの旅を快適に!SIMカードの契約方法を紹介!

みなさん、こんにちは。 @matsutripです。

この記事では、ミャンマーでSIMカードの契約を検討している方向けに、ヤンゴン国際空港でのSIMカードの契約方法を解説します!

SIMカードの契約といっても、日本の携帯の契約に比べてかなり簡単で、格安利用できます。

ここ最近はバックパッカーでも、ケータイアプリでタクシーを配車できる『Grub』や『Uber』など、どこにいてもインターネットを使う環境が必要です。

待ち時間や、移動時間などもインターネットを使用できるだけで、次の予定を立てたり、情報を手に入れることができます。

旅行先でSIMカードを手に入れることで、旅の快適度がかなり変わってきますので、是非契約してみてください!

ミャンマーでよく使われている携帯の会社は以下の3社です。

・MPT←国営
・Telenor←ノルウェー資本、田舎でも繋がりやすい
・ooredo←カタール資本

私は田舎での移動も多かったのでTelenorを契約しました。今回の記事ではTelenorを中心に解説していきたいと思います。

みなさん、こんにちは。 @matsutripです。 Follow @matsutrip 今回は、ミャンマーへの渡航を考...

ヤンゴン国際空港

ミャンマーと世界を結ぶ玄関口『ヤンゴン国際空港』。

新しくなったばかりなので、非常に綺麗です。今回はヤンゴン国際空港からミャンマーに入国したので、そのまま空港で契約することにしました。

上で簡単に紹介しましたが、ミャンマーで有名な3社のうち2社の、『ooredo』と『telenor』が隣合っています。

MPTは両替所にあるところの真ん中に位置しています。黄色と黒のお店がMPTです。

青色のTelenorで契約をすることに!

SIMカードの料金

上の画像はTelenorの料金表です。(2019年8月時点)

Telenorは全てのプランが1ヶ月利用することができるプリペイド式です。

私は約9日間の滞在で、7GBで9000チャット(約650円)のプランを選択しました。データボーナスももらうことができたので、結局使い切ることができず、数ギガ残した状態で帰国しました。

動画をたくさん見るというわけではないのなら、10日間の滞在で5GBバイトほどで十分だと思います。まぁ、料金はそこまでかわらないので、多めに見積もってもいいかもしれませんね。

契約方法

契約方法はいたってシンプルです。

係員の方に、「このプランのSIMカードを購入したいのですが…」と声をかけると、テキパキと案内してくれます。

ケータイの言語表記は英語にしておくと店員さんも迷わないでしょう。

パスポートも一緒に渡しましょう。名前の入力をおこなってくれます。のちのち私は容量の確認のためにアプリをダウンロードしたのですが、自動的に名前が表示されていました。

5分ほどで設定が完了しました。SIMカードを入れてすぐに利用することができない場合がありますが、そういったことはなくすぐに使えました。

一応アプリなどが正常に作動するか確認しておきましょう。

支払いは現金でもカードでも可能です。ただ、アメックスやダイナースが使用できるかはわかりません。

”Telenor”のアプリ

帰国し、SIMカードをauのSIMカードに戻したからかログインできませんでした。

アプリはすべてではありませんが英語に対応しているので、簡単に利用することができます。

SIMカードを指している状態だと、アプリを立ち上げた状態で自動的にログインされるので、特に難しい設定などもありません。

”Telenor”は繋がりやすい? 速度は?

Telenorはミャンマーの中心地であるヤンゴンだけでなく、田舎でも電波がよく届くと評判だったので利用しました。

おそらくどの携帯会社も、観光地であるところは電波が届くと思うのですが、田舎になると4G回線が届かなくなる場所もあります。

私はバス移動でヤンゴンからミャンマー西部である、シットウェーという街に訪れたのですが、それまでの道の中でしばらく使えない区間がありました。

バスで一緒に乗っていた英語を話せる人は、MPTを使っていたのですが、同様に使用できませんでしたので、田舎はそもそも電波が届かないのでしょう。

気になる回線速度ですが、ものすごく快適に利用することができました。電波が悪く3G回線になったりするともちろん遅くなったりしたのですが、観光地を回る分には全く気になりません。

[ミャンマー] SIMカード契約 まとめ

ミャンマーで有名な携帯会社は、

・MPT
・Telenor
・ooredo

の3つです。現地の人を見てみると、MPTかTelenorを使っている人が多かったように感じました。

田舎の方でも小さな商店でSIMカードを取り扱っているほどなので、ミャンマーでは急速にインターネットの回線が普及しているのだと感じました。

・速度は爆速
・料金は格安

なのでミャンマーを旅する方は是非SIMカードの利用をお勧めします。インターネットが使えると、Google MapやGrubなどの配車アプリを使えて、移動も快適になりますよ♪

みなさん、こんにちは。 @matsutripです。 Follow @matsutrip この記事ではヤンゴン国際空港か...

みなさん、こんにちは。 @matsutripです。 Follow @matsutrip 今回は、ミャンマーへの渡航を考...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする