[世界一周] ワンワールドの特典航空券 ルート考察してみました

みなさん、こんにちは〜。@matsutripです。

JALマイルを貯めて、まず目指すことは”特典航空券”に変えることではないしょうか?特典航空券は

・国際線
・国内線

の大きく2つに分けることができるのですが、少し特殊な特典航空券で”ワンワールド特典航空券”というものがあります。

今、私はJALのマイルをその”ワンワールド特典航空券”に変えようかと悩んでいます。今すぐに発券するわけではないのですが、学生のうちにマイルを使っておきたいんです。

卒業後にまとまった期間旅ができるかわかりませんし。

現在、所持しているマイル数は約11万マイルほどなのですが、12万マイルで14,001-20,000マイルの間でビジネスクラスに乗ることができるんですよね。

今回は、「もし自分が12万マイルで特典航空券を発券するとしたら、どんな旅程にするか」をみなさんと共有したいな〜と思います。

ワンワールド世界一周航空券のルート考察に関する記事は以下で公開しています。

みなさん、こんにちは、@matsutripです。 世界一周...とても響きがいいですよね。多く夢見る人もいるのではないでしょう...

“ワンワールド特典航空券”について

必要マイル

*2018年11月20日からマイル数が変更になります。

距離制特典航空券マイル計算機を使って、区間マイルを調べることができます。

お得なビジネスクラス

正直なところ、学生ならあまりワンワールドの特典航空券のエコノミークラスで発券するメリットはありません。

というのも、JALは期間限定ではありますが、半分のマイル数で発券することが可能なのでそちらのほうを利用した方がいいと思います。

ただ、その半分のマイル数で発券できるのはエコノミークラスのみです。

ビジネスクラスを予約する場合は学生割引はなく、通常通り、JALの会員のマイル数で予約しなくてはいけません。

そしてビジネスクラスを選ぶ最大の理由は、

エコノミークラスとたった3万マイルしか差がないことなんです。

上の表の14,001-20,000マイルの列を見てみると、

エコノミークラスは9万マイル

ビジネスクラスは12万マイルです。

通常、ビジネスクラスはエコノミークラスの3倍ほどします。しかし、マイルで発券する場合は、たったの3万マイルしか違わないんです。

ビジネスクラスはシートの違いのみならず、ラウンジの利用ができたりなど多くのサービスを受けることができます。

ルート

では、どんなルートがいいか考察していきましょう。14,001-20,000マイルの距離で基本的に話していきます。

距離制特典航空券マイル計算機を用いて、距離を計算します。

少し、距離のイメージをしやすくするために、参考程度に日本から主要都市の距離は、

マイル数
東京-ニューヨーク 6,723
東京-ワイキキ 3,831
東京-ロンドン 6,214
東京-バンコク 2,869

だいたい、オセアニアや南米、南アフリカ方面までいくと結構な距離になります。

ルール

実際は、ワンワールドの特典航空券は”世界一周航空券”とは違います。

ワンワールドが提供している、世界一周航空券とはルールが異なりますので注意が必要です。

ざっくり、この特典航空券のルールを説明します。

  • 地上移動区間(陸路移動)を除いて8区間まで利用できる
  • 日本国内の移動は2区間まで(日本発着の場合は日本で途中降機はできない)
  • 途中降機は7回まで
  • 陸路移動は旅程全体で1回まで。この移動区間は途中降機したとみなされる
  • 出発地と帰着地が異なっても構わない

詳しくはこちらで確認してください→ワンワールド特典航空券 利用条件

8区間まで利用可能

有償の特典航空券の場合だと、16区間まで利用できますが、特典航空券だと8区間までです。

日本国内の移動は2区間まで

正直この特典航空券では、日本国内の移動に使わない方がいいです。しかし、大きな都市に多く就航しているのは成田や羽田、関空ですので、そこまでは各自で手配した方がいいです。

途中降機は7回まで

途中降機とは24時間以上滞在することを言います。

乗り継ぎは24時間以内に他の空港へ移動することを指します。

地上移動区間(陸路移動)は全体で1回まで

地上移動区間はその名前の通り、飛行機を利用しないことです。

出発地と帰着地が違っても大丈夫

世界一周航空券は、日本から出発し日本に帰ってくる旅程を組まなければいけません。しかし、特典特典航空券では、日本から出発しなくてもいいし、日本に帰ってくる必要もありません。

世界一周航空券とは大きくルールは異なる

すでに、いくつか異なる点は紹介しているのですが、一番大きく異なる点は、大陸にとらわれないことです。

というのも、世界一周航空券は一度行った大陸には戻れないといった制約があります。

機材の確認

空の旅を快適にするには、なんといっても飛行機の設備だったり、座席の質が気になりますよね。

予約の際には、ぜひ利用する機材まで気を配ってみてはいかがでしょうか。

ビジネスクラスを利用しても、座席がフルフラットにならずに寝られなかった、なんてこともなくなるはずです。

座席の広さや機内食の内容も各航空会社のホームページで確認することができます。

オススメの航空会社

航空会社によって、機内の雰囲気や設備、サービスも大きく異なります。

せっかくビジネスクラスの旅をするなら、やはり最高のサービスを受けたいものです。

キャセイパシフィック航空

キャセイパシフィック航空は香港の航空会社です。また、イギリスのSKYTRAX社(航空会社を評価する会社)から星5つの評価を得ている航空会社でもあります。

この航空会社はとてもホスピタリティーが溢れ、CAの方がとても親切です。日本とは異なり、「気軽に話しかけられる雰囲気」を醸し出しています。

座席ももちろん、評判が高いのですが、キャセイパシフィックは「ラウンジ」がとても人気なのです。

とくに、ヌードルバーの「担々麺」は多くの人から支持される看板メニューとなっています。

キャセイパシフィック航空のラウンジの評判はとても良いです。香港国際航空のキャセイラウンジの紹介記事はこちらからどうぞ。

どーも、こんにちは。 ひよっこブロガー🐤メルボルン🇦🇺@matsutripです。 ...

カタール航空

(カタール航空が拠点とするハマド国際空港)

この航空会社もキャセイパシフィック航空と同じく、SKYTRAX社から星5の評価を得ています。

カタール航空のビジネスクラスは、おそらくビジネスクラスの中では一番優れているでしょう。

ワンワールドのステータスを持っていることで、ラウンジの利用ができることは今までもいろんな記事で紹介してきました。しかし、カタール航空の拠点であるハマド国際空港のラウンジは、ビジネスクラスの乗客でないと利用不可なんです。

実際には、ステータスで利用できるラウンジもあるのですが、カタール航空のラウンジとは全く比べものになりません。

やはり、ビジネスクラス以上の乗客しか使えないラウンジはサービスはしっかりしていて、「まるでホテルにいるよう」だとも言われています。

アル・ムルジャン ビジネスラウンジ

参考ルート① 人気の旅行先巡り

① 東京ーロンドン

② ロンドンーパリ

③ パリーミラン

④ ミランーマドリード

⑤ マドリードーニューヨーク

⑥ ニューヨークーロサンゼルス

⑦ ロサンゼルスーホノルル

⑧ ホノルルー東京

王道の旅行先で組んでみました。陸路移動をいれずに飛行機のみの移動です。ヨーロッパとアメリカの主要な観光地をモリモリ入れてみました。移動区間もマックスの8区間です。

参考ルート② ワンワールドラウンジ巡り

① 東京ー香港 ←JALラウンジ

② 香港ードーハ ←キャセイパシフィックラウンジ

③ ドーハーロンドン ←カタール航空ラウンジ

④ ロンドンーニューヨーク ←ブリティッシュエアウェイズラウンジ

⑤ ニューヨークー東京 ←アメリカン航空ラウンジ

ラウンジの利用を目的とした旅程ですが、あまり都市の数は稼げませんね。ドーハ経由でヨーロッパに向かうとあると少し距離がかさむでしまうようです。

また、ニューヨークと東京間で、①の日程のようにロサンゼルスかホノルルを入れようかとも思ったのですが、そうするとほんの少しだけオーバーしてしまいます。

この場合、行きと帰りに日本区間をつけるとちょうどよくなります。

ワンワールドのラウンジ体験談をまとめた記事はこちらです。

みなさん、こんにちは。@matsutripです。 学生JALマイラーとして、これまでワンワールド系のラウンジをいくつか訪れてきました。...

参考ルート③ 私が考える世界一周日程

① バンコクードーハ

② ドーハーロンドン

③ ロンドンーパリ

④ パリーマドリード

⑤ マドリードーニューヨーク

⑥ ニューヨークーロサンゼルス

⑦ ロサンゼルスーホノルル

⑧ ホノルルー東京

始まりをバンコクにしてすこし距離を稼ぎます。東京ーバンコク間はLCCを利用すると1万円ほどで購入できます。

私は、この特典航空券を取るとしたらどうしてもカタール航空を使いたいのでこの日程を作ってみました。

東南アジアを周遊した後に、ヨーロッパへ移動。

今回はヨーロッパ内の移動も飛行機を使う日程を考えましたが、陸離移動にすることもできます。ヨーロッパは陸路での移動も簡単です。バス、電車も豊富に走っていますし、簡単に国境を越えれますから。

陸路移動の場合は途中降機扱いになりますが、ドーハでは乗り継ぎだけにすればそこで途中降機の回数は相殺されますので問題ないでしょう。

まとめ

いくつかルートを作ってみましたが、自分自身で試行錯誤しながら作ってみたらいいとおもます。

  1. ルールを確認
  2. より快適な旅にするには航空会社と機材を事前に確認!
  3. 計算機を作ってルートを作成

以下の記事ではワンワールド世界一周航空券に関する記事を公開しています。

みなさん、こんにちは、@matsutripです。 世界一周...とても響きがいいですよね。多く夢見る人もいるのではないでしょう...