[JAL国際線特典航空券] ”学生減額マイル”はお得なのか? 徹底的に検証してみた。

みなさん、こんにちは、@matsutripです。

以前から私は、学生向けにJALマイルの貯め方を紹介しているのですが、今回はその中でも、たまったマイルの活用編として、国際線の特典航空券の減額マイルに関して徹底的に考察していきたいと思います。

参考サイトはJALのホームページ、国際線特典航空券減額マイルキャンペーンです。

”JALカードnavi” 国際線特典航空券 減額マイルキャンペーン

以前から”旅好きの学生向け”に『JALカードnavi』を紹介しているのですが、そのカードのメリットの一つである減額マイルキャンペーンを紹介します。

JALカードnaviについてはこちらの記事をご覧ください。

みなさん、こんにちは。@matsutripです。 私は、学生で旅をすることが趣味で、時間さえあれば世界各地を飛び回っています。...

[国際線特典航空券] ”学生減額マイル”キャンペーン

減額マイルキャンペーン自体は、学生だけでなくJALカード会員も利用可能なサービスです。

ただ、学生の場合、この”減額”のレベルがすごい!基本必要マイル数の半額で特典航空券に交換することができるのです。

期間は限られていますが、学生ならある程度の日程なら調整できるはずです!

対象期間は”オフシーズン”

期間限定でのキャンペーンなので基本的に、GWなどの大型連休や、年末年始などは利用できません。

地方在住の人はよりお得に?

国際線の特典航空券は国内線区間の分も含まれています。

[例] 青森在住の場合

三沢空港→羽田空港→バンコク→羽田空港→三沢空港

というルートでも必要マイル数は、17,500マイルです。地方在住の方の場合は、東京の空港や関西空港など大きな空港に移動するまでの分も含まれるので大変お得です。

航空券の取り方次第では、数時間東京観光を組み込むこともできます。

区間ごとに考察

それでは今回のテーマは”徹底比較

どの路線が一番お得な旅行をすることが可能なのでしょうか?

燃料サーチャージや税金も考慮して、一番どこの路線がマイルパフォーマンス(通称マイパ)が良いのかも考察していきます。

今回は土日を含まない6月のオフシーズンを中心に検索しているので航空券は最安表示の場合が多いです。

また、今回はわかりやすいように出発地は全て東京にしています。

韓国路線

[対象期間]

対象地域(ソウル、プサン)

東京⇄ソウルで検索すると、航空券の運賃は67,000円で、燃料サーチャージ代金と税金が7,540円ですね。

特典航空券は航空券代金の部分が無料になるので、67,000円分が無料になります。

韓国往復に必要なマイル数は7,500マイルですので、1マイルあたり8.9円ということになりました

アジア1

対象地域(広州、上海、台北、大連、高雄、天津、北京、香港、マニラ)

東京⇄香港で検索した場合の料金は、航空券代金が44,000円

東京⇄香港間での必要マイル数は、10,000マイルですので、1マイルあたり4.4円ということになります。

アジア2

対象地域

(クアラルンプール、ジャカルタ、シンガポール、デリー、ハノイ、ホーチミンシティ、バンコク)

東京⇄バンコクで検索すると、航空券の値段が50,000円です。

アジア2の必要マイル数は、17,500マイルなので、1マイルあたり2.8円ということになります。

グアム

東京⇄グアム間の航空券の値段は、51,000円です。

この区間の必要マイル数は、10,000マイルですので、1マイルあたり5.1円ということになります。

ヨーロッパ

対象地域(パリ、フランクフルト、ヘルシンキ、ロンドン、モスクワ)

東京⇄ロンドンの航空券の値段は、85,000円です。

この区間の必要マイル数は、27,500円ですので、1マイルあたり3.0円ということになりました。

北米

対象地域(サンディエゴ、サンフランシスコ、シアトル、シカゴ、ダラス・フォートワース、ニューヨーク、バンクーバー、ボストン、ロサンゼルス)

東京⇄ニューヨークの航空券の値段は、128,000円。

北米間の移動に必要なマイル数は、25,000マイルですので、1マイルあたり5.12円ということになりました。

ハワイ

対象地域(ホノルル、コナ)

東京⇄ホノルル間の航空券の代金は、50,000円です。

この区間の必要マイル数は、20,000マイルですので、1マイルあたり2.5円ということになります。

オセアニア

対象地域(シドニー、メルボルン)

東京⇄メルボルン間の航空券の値段は、74,000円。

必要マイル数は20,000マイルですので、1マイルあたり3.7円ということになりました。

“学生減額マイル” 価格表

区間ごとに1マイルあたりの価値を出してみました。

その結果を表にしてみましょう。

必要マイル数 航空券価格 1マイルあたりの値段 マイパ順位
韓国 7,500 67,000 8.9 1
アジア1 10,000 44,000 4.4 4
アジア2 17,500 50,000 2.8 7
グアム 10,000 51,000 5.1 3
ヨーロッパ 27,500 85,000 3.0 6
北米 25,000 128,000 5.12 2
ハワイ 2,0000 50,000 2.5 8
オセアニア 20,000 74,000 3.7 5

各地域、1つの代表地点のみなので、試してみているうちにもっとお得な路線を発見できるとは思います。

マイルパフォーマンスが一番高いのは”韓国”

割と意外な結果になったのでは、ないでしょうか?

一番お近くの国の韓国が一番マイルパフォーマンスが高いです。

実際7,500マイルで行けるのは結構すごいことだと思います。このくらいなら学生でもマイルを貯めるのも、そこまで大変ではありません。

それに近場であるので、日程を組みやすい場所の1つですよね。

それに地方在住の方はおそらく1マイルあたり10円を越すくらいお得になるでしょう。

また、ニューヨークもそれなりによいマイパですね。ただ、ニューヨークはそもそも距離があるので、有償のチケットを払って、マイルを貯める方がいいのかもしれません。

ただ、5円を超えているのでお得なのは間違いありません。

ハワイはそこまでお得ではない

ハワイはオフシーズンの場合そこまで、航空券の値段は高くはありません。

そのため特典航空券を買うよりも、お金を払って航空券を買う方が、マイルも貯められるのでオススメです。

ハイシーズンの時に利用できない、学生の減額マイルキャンペーンの時にはそこまでお得感はないと言える路線でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする