“Transfer Wise” の”アフィリエイト”の始め方 [解説]

みなさん、こんにちは。ひよっこブロガー🐤メルボルン🇦🇺 @matsutripです。

今回は、タイトルの通りTransfer Wiseのアフィリエイトの始め方について解説していきたいと思います。

Transfer Wiseは現在(2018年11月)のところ、有名なアフィリエイトサイトでは取り扱われていないため、独自のアフィリエイトプログラムを取り入れています。

私自身、アフィリエイトを申請する際に、インターネットで検索したのですが、登録方法に関してはほとんど検索で、出てこなかったので、紹介しようと思います。

ちなみに、私自身Transfer Wiseを利用しています。Transfer Wiseの使い方について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

みなさん、こんにちは。@matsutripです 今回はTransfer WIseを利用して"海外送金"をやってみました。 この記...

“Transfer Wise”のアフィリエイトの登録方法

Transfer Wiseのアフィリエイト登録サイトはこちら→https://transferwise.com/jp/get-in-touch

上の画面がでると思います。「アフィリエイトになる」をクリックして先に進みます。

言語は「日本語」に設定しましょう。

アカウントの表示名は、個人の場合「名前を入力」します。

ウェブサイトに「自分のウェブサイトのURL」を入力します。

国、銀行所在国は、ともに「日本」を選択します。

通貨は「日本円」を選択します。

タイムゾーンは自動で切り替わるので無視しても大丈夫です。

住所、電話番号、郵便番号を入力して進んでください。

内容という欄は、簡単に「自分のウェブサイトの紹介文」を入力します。

第一のプロモードメソッドという欄は「ブログ」を選択。(人によって異なる場合あり)

第二のプロモードメソッドも自分に合うものを選択しましょう。

新規ユーザーに「チェック」をします。

名、姓、メールアドレス」を入力します。

ユーザー名、パスワード」を設定します。

税金に関することを聞かれますが、

私は組織タイプの欄を「個人」に選択しただけで、

「□はい、私は間接税に登録されています。」にはチェックを入れませんでしたが、そのまま手続きができました。

ここのステップが一番私が手間取ったところです。

「プロパティ名」とググったら、analyticsから確認できるとのことだったので、そちらで確認しました。下にリンクを載せておくのでそちらから確認してください。

https://support.google.com/analytics/answer/1042508?hl=ja

上のリンクの手順通りに進めばいいですが、一応私の方でも簡単に流れについて説明します。

上のリンクから、analyticsにログインした後、管理→プロパティ設定という順に進みましょう。

そこに「プロパティ名」や「トラッキングID」が表示されていると思います。

上の画像の、「プロパティ名」を入力し、URLは「自分のサイトのURL」を入力します。

詳細部分は正直何を入力すればいいかわかりませんでしたが、私はトラッキングIDを入力しておきました。

一応これで、申請は終了となります。ただ、Transfer Wiseは日本の会社でないためか、日本語の翻訳が多少わかりづらい部分があるかと思います。

申請後の手順

正直なところ申請が許可される自身はありませんでしたが、翌日にはメールが届いており無事許可されました。

申請が許可されるとこのような内容のメールが届くので、これにしたがって登録を進めます。「Get Started」をクリックします。

ユーザーネーム」と「パスワード」を入力します。

入力を終えるとこのような画面が表示されると思います。メールではこの段階でダッシュボードの下にある「トラッキングコード」を入力しなければいけないとあります。

私はこの方法がわからなかったのですが、Q&Aによると、下の画面の広告を貼る際には自動で「トラッキングコード」が入力されているようです。

ダッシュボードの下の方に行くと、このように広告の種類が選べます。

記事の「テキストモード」に貼り付けることで広告を表示させることができます。

ちゃんと反映されるか不安でしたが、少ししてのぞいてみたら反映されていました。

ちなみに、TransferWiseからの報酬の支払いはポンド支払いになります。

お疲れ様でした。以上で”Transfer Wise”のアフィリエイトの始め方の解説を終わります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする